役員変更登記

会社の役員とは、取締役・代表取締役・監査役などを指します。

 

役員変更登記とは、株式会社の役員が就任・退任し、またはその氏名・住所に変更があった場合や、既存の役員の任期満了、増員、死亡したときなどに役員変更(更新)の手続きが必要となります。

 

役員変更手続きにつきましては是非お気軽にお問い合わせください。
福岡県・佐賀県の役員変更(役員重任、取締役重任、辞任退任)登記なら当事務所にお任せ下さい。

 

役員変更登記の期間

 

商業登記(会社登記)は、変更が生じた日から2週間以内にしなければならないと会社法に規定されています。変更が生じた日とは、役員が就任した日、退任した日等です。

 

役員変更登記が必要な場合の中でも、忘れがちになるのが、代表取締役個人の住所が変わった場合の住所変更登記と、役員の任期満了に伴う重任登記です。

 

住所が変わっただけと思われるかもしれませんが、2週間以内に登記が必要なのでご注意ください。
2週間以内に役員変更登記をしなかった場合、、裁判所から過料の制裁に処せられることもあるので注意が必要です。2週間を1日でもオーバーしてしまうと必ず過料が科せられるわけではありませんが、できるだけ期限を守るように心がけることが望ましいです。

 

役員変更登記と任期

 

役員変更登記をする一番多い原因は、役員の任期満了です。株式会社の役員にはそれぞれ任期があり、会社法の規定では原則、次のとおりとなります。

 

取締役 監査役 会計参与 会計監査人
任  期 2年 4年 2年 1年

 

非公開会社(株式の譲渡の際に会社の承認が必要な株式会社)においては、取締役・監査役とも定款を変更することにより、下記のとおり伸長することができます。
ただし、監査等委員会設置会社、指名委員会等設置会社を除きます。

 

取締役 監査役 会計参与 会計監査人
任  期 10年 10年 10年 変更不可

 

代表取締役の任期については、取締役の任期に連動します。代表取締役は、取締役の任期が満了して退任すると、代表取締役としての資格を喪失し退任することとなります。

 

役員重任登記

 

役員(取締役等)の任期が満了すると、同じ人が再任(重任)する場合であっても、役員変更登記が必要です。任期が伸びたことにより、まめに役員変更登記をする必要はなくなりますが、その分、任期が満了したのをうっかり忘れてしまったままになっているなんてことも。

 

みなし解散

 

最後の登記をしてから12年を経過した株式会社(休眠会社)は、通知の上、2か月以内の役員変更登記や事業を廃止していない旨の届出をしなければ、解散したものとみなされ(みなし解散)、法務局の登記官に職権で解散登記をされてしまうので、自社の役員任期は正確に把握し、きちんと役員変更登記をしておかなければなりません。

 

当事務所にご依頼いただくと、その後の役員任期の管理をさせていただきますので、うっかり重任登記を忘れてしまうといったことがなくなるので安心です。

 

まずは、お気軽にご相談ください

 

ご相談はこちら

 

お電話でのご相談はこちら

 

050-1096-8277

 

受付時間:9:00〜18:00(土日祝を除く)

事務所名:トータル司法書士行政書士事務所

 

 

お気軽にご連絡ください。

 

当事務所4つの安心

1.初回相談料無料

当事務所では、初回の相談料は頂いておりません
またご依頼後のご相談は何度でも無料です。
ご納得のいくまで安心してご相談ください。

2.ご自宅出張サポート

あらかじめご予約いただければ、ご自宅まで相談に伺います。
お忙しい方にも安心です。時間外、土日祭日の対応も可能です。

3.明確料金体系

シンプルな料金体系ですので安心です。
また、料金提示後にしか費用がかかることはありません。

4.良好なアクセス

西鉄二日市駅から徒歩5分。
JR二日市駅から徒歩10分。

 

トップへ戻る